モノづくりが好きな方はそれをお仕事にできたら、本当に幸せですね!
京都のあるデザイン専門学校の[マイスターレッツコース]では、プロを目指して2年間、たくさんのバッグやアクセサリー創作の基本を学んでいきます。

仕様書写真

自分のアイデアを、ゼロから形にするには、まずそのアイデアを表現する手段の1つとして、絵に描いて表す事も大切です。
 
1年生の後期は週1回『ザッカ・ドローイング』の授業があります。2018年は、9月26日の午後から始まりますよー!
バッグの特徴を捉えて立体的に描く表現のコツを学んでいきます。
 
2年生の『ザッカ・ブランディング』は、雑貨のブランディングと企画書、デザイン、立体図面と仕様書の作成、商品を製作して学校直営のショップに出品します。
 

頭の中に思い描いているデザインを具現化する為のプロセスとして、まだ存在しないものをいかにわかりやすく表現するかは、どれだけたくさんのものを描いて自分の記憶の引出しに貯め込んだかで決まりますよ!



 ちなみに、『ドローイング』は英語。『デッサン』はフランス語。日本語では『素描』といいます。
 そして、『デザイン』とは、もともと設計や計画の事を表す言葉ですから、『デザイン画』はアイデアを表現する設計図、のようなものですね。
 
 
バッグのイラストといいますと緻密なものから、何となくこんなイメージのバッグ...というざっくり描かれたもの、デフォルメしたものまで大きな範囲で『イラスト』と呼ばれています。
 
ところが、バッグの『デザイン画』となりますと、見た目の雰囲気だけでなく構造や素材、縫い方、付属品、金具、素材の質感や厚みまで伝わるように描かれたものが理想的です。ですので、正面、横、上から見た所を一度に表す為に、3点透視図法を使って立体的に描く方法を学びます。
 そのデザイン画と仕様書を見ただけで、バッグ職人さんが想像した通りのものを作ってくださる程、詳しく書けるようになるのが理想ですね。
 もちろん、自分がブレないものづくりをする為にも、完成予想図としてのデザイン画はとっても大切です。
  nobuhorikiri:nobuzemi3
↑これは、大まかに言うとバッグのイラストという事になりますね。

↓これは、デザイン画付きの仕様書。正面、横、上から見た形がわかります。
仕様書写真のコピー2